News Release クロス・ウェーブからのお知らせ

クロス・ウェーブセミナー2016アフターレポート公開中!

2016.09.29

クロス・ウェーブセミナー2016参加者アンケート結果はこちら

 

2016年9月13日(火)、15(木)の両日、クロス・ウェーブセミナー2016を開催いたしました。

今年で6回目を迎えるこのセミナーは、主に各企業の人事総務・人材育成・研修ご担当の方向けに社員研修・社員育成に関する最新情報をお届けするだけでなく、ご参加者同士の交流を深めていただく場としてもご好評をいただいております。

今年は「コミュニケーション・コーチング」をテーマに、ProFuture株式会社の松岡仁様、株式会社ジェックの栖原史門様、株式会社トッパンマインドウェルネスの岩崎玲子様にご登壇いただきました。
おかげさまで両会場とも多くのお客様にご来場いただき、盛況のうちに終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、お忙しい中長時間のご聴講ありがとうございました。

当日お越しいただけなかった方のために、セミナープログラムの一部をご紹介いたします。

 


ProFuture株式会社 HR総研主任研究員 松岡 仁 様
「有効なコミュニケーション促進施策は何か」

松岡様からは、企業の人事担当者200名以上からヒアリングしたアンケート調査をもとに

※多くの企業が社内コミュニケーションに課題を感じている
※コミュニケーション不足は業務に悪影響を与えると認識している

などの調査結果を解説していただいた上で、
社員同士のコミュニケーション促進のために企業が取り組んでいる施策などを解説していただきました。

以下、調査結果の一部となります。

●会社規模を問わず、8割近い企業が社内のコミュニケーションに課題があると感じている。
●セクション別に見ると「部門間・事業所間のコミュニケーション」に課題を感じている人が全体の約70%と
 一番多く、「経営層と社員」、「部長とメンバー」、「課長とメンバー」を挙げる人も半数以上いた。
●コミュニケーション阻害原因の1位は「組織風土・社風」で54%、次いで「対面コミュニケーションの減少
 (メールなどのITツール依存)」50%、「コミュニケーションスキルの低下」48%。
●アンケート回答者の97%がコミュニケーション不足は業務の障害に「なる」と回答。
●各企業が社内コミュニケーション活性化のため行っている施策として「経営層と直接対話できる場を設けて
 いる」「社内レクリエーションの企画・実施」「チーム力向上研修・コミュニケーション研修の実施」
 「部門横断(部門間連携)プロジェクトの立ち上げ」などが挙げられた。

このように、客観的な分析データから企業を取り巻く現状を把握でき、他社の施策や成功例も知ることができる
松岡様の解説は多くの参加者から「参考になった」とのお声をいただきました。

 


株式会社ジェック サービス価値創造支援チーム・インストラクター 栖原 史門 様
「コーチングによるコミュニケーションをモデル図で体系的に学ぶ」

栖原様は、コーチング(対象者のやる気や能力を引き出すコミュニケーション技術)の成果を最大化するためには、その技法だけではなく対象者が「どのような考えに基づいて行動しているのか(行動理論)」に着目することが大切であるとおっしゃっていました。

行動理論の分析方法や把握した行動理論をどのようにコーチングに活かすかなどを、対話の基本手順やポイント、相手の話を聞く姿勢やスキルまで分かりやすくご説明いただいたのち、ワークショップを通じて皆様に体感いただきました。

本講演も、多くの参加者より「コーチング時の着眼点について大変勉強になった」とご好評をいただきました。
また本講演の導入部分では、次のようなクイズも出題されました。


☆ポイントは「目線を変えること。」です。

 


株式会社トッパンマインドウェルネス 代表取締役社長 岩崎 玲子 様
「コーチングに求められるエッセンスを体感しよう」

岩崎様は、コーチング対象者のやる気を引き出すためには、相手に「有能感(自分なら出来る)」「自己決定感(自分で決めた)」「他者受容感(上司・仲間は信頼できる)」を持たせることが大切で、相手との信頼関係を構築するにはコーチングする側も対象者を先入観(色めがね)を持たずに客観的に状況を見て接することがとても重要だとおっしゃっていました。

そして、多くの人が相手に対して無意識に先入観(色めがね)を持ってしまっていること、そしてその事は相手にも伝わってしまうことなどをワークショップで体感していただきました。
本講演もまたご参加者から大変好評で、前半部分で行われた「折り紙を持ち、目を閉じたまま指示に従って紙を畳む・千切る」をした際、全員が同じ指示を聞いていたにも関わらず完成形がバラバラになってしまうという体験を通じて「コーチングに大切なこと」に気付きを得ていただくワークも盛り上がっていました。

 

ここでは各講演内容のごく一部しかお伝えできておりませんが、弊社では今後もこうしたセミナーを通じて、共催いただいた各社様と協力しながら皆様の問題解決に役立つソリューションをご紹介してまいります。

 

ProFuture株式会社様ホームページ

株式会社ジェック様ホームページ

株式会社トッパンマインドウェルネス様ホームページ

クロス・ウェーブセミナー2016参加者アンケート結果はこちら

このページのトップへ